名刺交換の際に気をつけるべきマナー

社会に出ると名刺交換を行う機会が多くなり、会社ごとに配布される場合も多くあります。
名刺とは、その人の顔代わりとなるため、渡す際にもマナーには十分注意しましょう。
まず第一に、名刺を切らしておくことがない様にして、常に持ち歩きましょう。
また、折れ曲がっていたり、汚れていることがない様にしておくことは最低限のマナーとなります。
受け渡しのマナーだけでなく、事前の準備も怠らないようにしておくと良いでしょう。
受け取る際のマナーとしては、まずは訪問者から渡し、次に目上の方から渡します。
目上の方に先に渡す事は失礼になるので、注意しましょう。
また、交換する際は机などを挟んで行うことのない様に、離れている場合は移動して行うようにします。
次に、受け取る際は会社名や名前などに指がかからないようにして受け取ります。
その際には両手で受け渡しを行いましょう。
頂いた名刺は、相手の着席順に机の上に並べて置くようにして、すぐにしまう事がない様にしましょう。